zx900aのGPZ900RとハーレーXL1200CXロードスター日記

趣味のバイクに関するプチカスタムや整備、ツーリング等に関する忘備録です。

883SuperLow

ここ数日、一段と寒くなってまいりました。これが普段の2月の寒さなんでしょうけど。年度末で土曜日も仕事の日が多くてマシンにもなかなか乗れないことが多くなっております。久々の休日に寒さに震えながらニンジャで朝駆けでございます。一昨日、仕事で高速に乗ったんですが、塩カル撒いてて路面が真っ白になっていたのでしばらくバイクで高速はお休みして、下道をトコトコ走ります。

f:id:zx900a:20200202160326j:plain

朝日が美しかったので、撮影しようとしたらカメラを忘れてしまってました。スマホで撮影したんですが、あまりうまく撮影できませんでした。

f:id:zx900a:20200202160950j:plain

埠頭に寄ったら、海王丸が接岸しておりました。久しぶりに見ました。だいぶ以前に帆船のイベントで見学した記憶があります。4本マストが美しい。

ハーレーのショップから昨年11月に発注したカスタムパーツの準備ができたとの事でしたので、朝駆けの後、スポーツスターに乗り換えてショップに行きました。

パーツの装着にしばらく入庫することになったので、ついでに先日のオイル漏れの件を説明したところ、オイルクーラーのフィッティング個所も念のため確認してもらうことになりました。とりあえず一安心です。それでロードスターの代車に出してもらったのがこのバイク。

f:id:zx900a:20200202163045j:plain

883SuperLow。

883には1200CXを購入する時に883IRONに試乗したので、これで2回目です。めちゃくちゃ足つきが良いです。ママチャリより足が付くのではないでしょうか。チョッパースタイルなので乗車姿勢がアップライトで非常に楽な姿勢で乗りやすいマシンです。

f:id:zx900a:20200202164220j:plain

流石に、ロードスターと比べるとパワー感はやや薄いです。加速時の押しだし感はやはり1200のほうがかなり強いです。ただギア比の関係からでしょうか、ノーマルマフラー、ノーマルエアクリーナーですが低速は883のほうが粘る印象です。4速でも回転が落ちてもノッキングしないで割と粘ってくれます。ロードスターはマフラー、エアクリーナーをカスタムしてマップを書き換えてようやく低速でも4速が粘ってくれるようにになりましたから。

f:id:zx900a:20200202165714j:plain

タンクは17リットルの容量を持っております。燃料タンクの容量が大きいのはツーリングには重宝しますね。

f:id:zx900a:20200202170220j:plain

ショップから家まで乗っただけですが、超楽ちんでした。良いマシンです。ただノーマルマフラーでは鼓動感が小さいのでマフラー交換しないと本来のハーレーのテイストがスポイルされてしまっていると思います。自分のスポーツスターがマフラー交換で割と音が大きいので尚更そう感じるのかもしれません。

ショップの方と2021年モデルの水冷マシンの話をしたんですが、その中で現行のスポーツスターが2020年で終了の可能性があるとの話が出ました。ネットでは2020年でスポーツスター終了の話はでておりましたが、実際にショップの方との話でも出てきたので現実味が出てきた感じでございます。部品供給の面からもできれば無くなってほしくはないんですが、ハーレーといえども時代に合わせて進化していかなければならないでしょうから仕方がないことなんでしょうね。

 

パフォーマンスマシン デカール

お正月以来の投稿です。このところ寒くてブログにアップするほど距離を乗ってないんですよ。

1か月ほど前に整備中に気づいたパフォーマンスマシンのエアフィルターのエンブレムの脱落。

f:id:zx900a:20200119163628j:plain

これ結構ショッキングでした(笑)。カスタムパーツってこういうカスタムメーカーのロゴも見てくれとハッタリの一部ですので(笑)無いと見た目の良さが気分的に半減いたします。

それで念のため、パーツを購入したネットショップにダメ元で問い合わせてみたところ、パフォーマンスマシンから補修用パーツとしてデカールを取り寄せてもらえることになりました。購入したショップに感謝です。本当に助かりました。

f:id:zx900a:20200119164139j:plain

それでブツが昨日到着。また無くすといけないので2セット購入。

早速、取り付けのためガレージに行ってみたところ、衝撃の光景が・・・・・・・。

f:id:zx900a:20200119165030j:plain

最初はなんだこれと思ってマジマジと眺めておりましたが、ようやく事態がのみこめました。

f:id:zx900a:20200119165200j:plain

オイル漏っちゃってますね・・・・・・・。

先週、朝駆けに行ったときには気づきませんでした。

f:id:zx900a:20200119165252j:plain

フロントバンクのヘッドからでは無いようです。オイルクーラーのホースにオイルが付着しております。オイルクーラーのフィッティングのジョイントが怪しい。とりあえず夜で暗いので翌日にオイル漏れのほうは対処することに。

f:id:zx900a:20200119165657j:plain

気を取り直してエアクリーナーのエンブレム装着のほうをいたしました。

エアクリーナーを車体から取り外して、ジッポオイルで脱脂。

f:id:zx900a:20200119170027j:plain

また外れるといけないので脱脂は入念にいたしました。

f:id:zx900a:20200119170202j:plain

ドライヤーでデカールを温めてから貼り付けです。

f:id:zx900a:20200119170314j:plain

車体にエアクリーナーを装着して完了です。

見た目が元に戻ったので、これでまた一人マシンを眺めて悦に入れます(笑)

それで今日の日中にオイル漏れのほうの確認をいたしました。オイルクーラーのフィッティングの場合、ショップに装着していただいたのでショップ行かな、とも思っていたのですが、エンジンをかけて様子を確認したところ、オイルフィルターからオイルが垂れているのが確認できました。オイルフィルターの真下にオイルクーラーのフィッティングがあるのでオイルフィルターから落ちたオイルがオイルクーラーのフィッティングを伝って下に落ちてきたようです。

f:id:zx900a:20200119171033j:plain

このアレンネスのオイルフィルターは洗浄して繰り返し使えるので、予備のパッキンを数セット買い置きしていたので、一旦フィルターを外して、洗浄後、パッキンを新しいものに交換して、再度装着。抜けた分のオイルを補充してエンジンをかけたところオイル漏れは止まりました。ハーレーのオイルフィルターは手締めでやるようにとなっていたので手締めでやっていたのですが、このフィルターに関してはよろしくなかったようです。また漏れないようにレンチでやや強めにトルクをかけて装着いたしました。本体が分厚いアルミで出来ておりますので潰れたりはしないのでトルクをかけても大丈夫でしょう。

とにかく自分で治せる症状で良かったです。マシンが入院すると気になって気になって仕方がありませんから。

このところ早朝の冷え込みが強くて朝駆けに行っても早めに切り上げることが多くなっているのですが、若いころはなんてことなかったのですが最近は年のせいか寒さがこたえます。電熱防寒着を買おうかと迷っている今日この頃でございます。

GPZ900R 本年最後の走行

一昨日、修理を実施したクラッチの状態確認のため、今年最後の走行をいたしました。

f:id:zx900a:20191231185230j:plain

シフトタッチがやや曖昧な感じだったのがサクッとはいるようになっておりました。クラッチもほとんど遊びの無い状態だったのですが、そちらも回復しました。クラッチの状態は完全に調子の良い状態に戻ったようです。やはりホルダのクレーターのような窪みのせいでプッシュロッドが短くなった状態となっていたので、クラッチの切れが悪くなっていたのでしょう。カスタム品のレリーズは250cc並みのレバーの軽さだったのですが、ノーマルのクラッチレリーズに戻したのでクラッチレバーがかなり重くなりました。トラブル防止のためですので致し方ありません。やはりノーマルの耐久性は偉大です。

f:id:zx900a:20191231190029j:plain

マシンの状態に気になるところがあると、何といいますか、喉に魚の小骨が刺さったような気分と言いましょうか、気になって落ち着かないんですが、これで心置きなく年が越せます(笑)。今年も早いもので今日が最後となってしまいましたが、今年の8月からヤフーブログよりこちらのHatena ブログへお引越しさせていただいたのですが、これまでたくさんの星を付けていただいたみなさま、このようなブログをご覧になっていただいた皆様に心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

毎回、大して変わり映えしない内容のブログではございますが来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を迎え下さいませ。

GPZ900Rクラッチオペレーティングプレート交換・リヤブレーキパッド交換

900Rのクラッチの状態が芳しくありません。なんと言いますか、微妙にですが完全にクラッチが切れていない状態のような感触でございます。プッシュロッドを交換したので改善されるかと思っておりましたが、シフトチェンジの感触がイマイチでございます。そこでクラッチカバーを外してクラッチの内部をチェックしてみることにいたしました。

f:id:zx900a:20191229231508j:plain

アンダーカウルを外してオイルを受けるトレイを準備いたします。カバーを外した途端オイルが出てくるので、車体を少しでも斜めに傾けてオイルの流出を抑えるため家の出入り口のやや坂道になっているところにサイドスタンドで駐車してクラッチカバーを外しました。

f:id:zx900a:20191229232026j:plain

カバーを外したらオイルが出てきましたが、車体を傾斜させているため出る量は少なかったです。カバーを外したら、早速オペレーティングプレートを外します。

f:id:zx900a:20191229232351j:plain

クラッチプレートやホルダに異常は無いようですが・・・・・・ンっ!!

f:id:zx900a:20191229232530j:plain

オペレーティングプレートのプッシュロッドに押されるホルダの表面がクレーターのように凹んでいます。以前クラッチプレートを交換した時にはこのような症状は出ていませんでした。

f:id:zx900a:20191229232927j:plain

カスタムのクラッチレリーズキットはプッシュロッドの球面の部分をクラッチプレート側に挿入するため押されるプレート側に点の力が働いて凹んでいくものと思われます。レリーズ自体もノーマルより二回りほど大きいピストンを使用しているため、クラッチが軽くなるのはもちろんですが、プッシュロッドを押す力も大きくなっていることも影響している可能性があります。とりあえずこの日は一旦カバーを元に戻して部品の注文を行いました。

f:id:zx900a:20191229233558j:plain

これはいかんということで、クラッチレリーズをカスタム品からノーマルに戻すことにいたしました。ビルドアラインのクラッチラインをノーマルに付け替えてレリーズもノーマルを装着。クラッチエア抜きを久々にやりましたが、たまにしかやらないので大変でございました。クラッチは重くなってしまいましたが、マシンを労わるためには致し方ないですね。スポーツスターよりは軽いので良しといたします(笑)。

f:id:zx900a:20191229232309j:plain

こちらが後日、取り寄せた新品のオペレーティングプレートです。ベアリングとホルダを圧入いたしました。

f:id:zx900a:20191229234404j:plain

オペレーティングプレートを装着してスプリングをはめてボルトを10Nで締め付けて完了です。クラッチオペレーティングプレートの交換はあっと言う間なんですがクラッチカバーとエンジンのガスケットはがしが非常に手間がかかります。

f:id:zx900a:20191229234805j:plain

交換作業の80%の時間はガスケットを剥がしている時間です(笑)。大分綺麗になりました。新しいガスケットを付けて、クラッチカバーを装着して完了です。エンジンを掛けて、シフトの確認をすぐにでもやりたい所なのですが、クラッチカバー装着に液体ガスケットを併用しているため、丸一日置いてからのエンジン始動になります。確認は明日以降ですね。明日は雨予報なんですよね・・・・・。

f:id:zx900a:20191229235452j:plain

とりあえずエンジン始動は明日以降ということにして、リアのブレーキパッドの交換も実施いたしました。リアキャリパーの取り外しに右サイレンサーが邪魔になるので取り外します。

f:id:zx900a:20191230000259j:plain

サイレンサーを外した状態です。ホルダのボルトを緩めてキャリパーを外します。

f:id:zx900a:20191230000607j:plain

ホルダシャフトを外してダストブーツを外して洗浄後、ワコーズの耐熱グリスを塗布。キャリパー本体とピストンを洗浄いたします。

f:id:zx900a:20191230001002j:plain

ピストン内部も洗浄してグリスアップ。ピストンの外周部にはメタルラバーを塗布。

f:id:zx900a:20191230001341j:plain

ピストンとパッドの接触面にワコーズのブレーキ用のグリスを塗布。

f:id:zx900a:20191230001715j:plain

表面に薄く塗ります。

f:id:zx900a:20191230001906j:plain

後はスプリングやプレートを付けて、新しいパッドを装着。今回はベスラのシンタードを使用いたしました。

f:id:zx900a:20191230002141j:plain

キャリパーサポートにキャリパーを装着して完了です。天気さえよければ今年の残りの2日はバイクに乗れるんですが、明日は雨予報なので、家の掃除ですかね・・・・・。








 

道の駅 大野温泉

今日は早朝から曇りの天気でちょっと寒くてどうしようかと思ったりしたんですけど、やっぱり朝駆けに行ってまいりました。

f:id:zx900a:20191221220209j:plain

たまに日が差すと暖かいです。午後は雨予報でしたので雨が降り出す前に撤収いたしました。このところ12月とは思えないくらい暖かかったので、急に寒くなるときついものがあります。

寒くなったらやはり温泉が一番でしょうw。今日はバイクで朝駆け後に午後から雨模様との事だったので車で温泉へ出かけてきました。

f:id:zx900a:20191221221026j:plain

芦北の道の駅 大野温泉へやってきました。お昼過ぎでしたが、まだ雨は降ってませんでした。熊本方面はこの時期は鹿児島よりちょっと寒く感じますね。ここは鹿児島からだと車で2時間ほどで来れるので、たまに利用させていただいてます。

f:id:zx900a:20191221221338j:plain

道の駅の物産館の入り口です。地元の特産品が並んでおりました。大根とか野菜が安いもの多くありました。

f:id:zx900a:20191221221618j:plain

ちょうどお昼時なので中の食事処で食事をしてから温泉へいくことに。

f:id:zx900a:20191221221814j:plain

食事処はバイキング形式となっていて大人1人950円とリーズナブルな設定になっております。田舎の家庭料理みたいな感じです。

中は古民家風の内装になっていてかなりくつろげる雰囲気でございました。

f:id:zx900a:20191221222207j:plain

盛り付けがヘタクソでスミマセン(笑)。バイキングはまだたくさん種類がありました。湯豆腐、酢豚、あえ物、パスタ、サラダ、煮物等々、とにかく味付けが非常によかったです。濃すぎず、薄すぎずちょうど良い塩梅でございました。

f:id:zx900a:20191221223036j:plain

食事後は食事処の奥の温泉に入らせていただきました。

f:id:zx900a:20191221223200j:plain

温泉は大きな浴槽は総ヒノキ張りとなっており、あれだけ大きな浴槽でヒノキ張りはなかなか無いと思います。温泉の壁も木が張られており、とても落ち着いた雰囲気の良い温泉でございました。露天風呂とサウナもありました。

f:id:zx900a:20191221223954j:plain

温泉を出るころは外は雨が降り出しておりました。外は結構寒かったですが、温泉のおかげでポカポカでした。やっぱり冬は温泉に限ります。年末また来よう。

スポーツスター ヘッドライト トリムリング交換

今日、仕事から帰ったら、2週間ほど前に注文したパーツが届いておりました。

f:id:zx900a:20191220212408j:plain3週間ほど前に装着したヘッドライトユニットがブラックでしたのでそれに合わせてヘッドライトのトリムリングもブラックで色を合わせたかったのでハーレー純正品のブラックのトリムリングを購入いたしました。

f:id:zx900a:20191220212817j:plain

明日は仕事が休みなので、明日、明るい所で付けようと思っていたのですが、パーツを箱から出すと、もう堪らず、即装着することに。

f:id:zx900a:20191220213121j:plain

装着は極めてかんたんでございます。左が今回購入したブラック、右がノーマルのクロームです。

f:id:zx900a:20191220213241j:plain

装着前

f:id:zx900a:20191220213315j:plain

装着後。夜で室内なのでハッキリわからないですね(^^;)しかも写真ブレてるし・・・。

f:id:zx900a:20191220213432j:plain

ノーマルのクロームに比べて見た目が引き締まって見えます。大したことないパーツですが、この程度でも割と印象が変わってみえるのと、お手軽に交換できるのでマシンのイメチェンにはちょうど良いかもしれません。この程度でも、もちろんこの後しばらくマシンを眺めてニヤニヤしてましたw。